Moon3dのレビュー

Moon3Dの目的は明確で、各ラウンドの前にベットを置き、ロケットにイーサ(mETH)を燃料として、ロケットが墜落する前にキャッシュアウトすると、ベット額の倍率を獲得することができます。ただし、ミサイルがいつ落ちてくるかわからないので、その前にキャッシュアウトしないとベットを失うことになります。

倍率はいくらでも高くすることができます。しかし、ゲーム中にハウスがバンクロールの3%以上を失うと、サーバーは自動的にすべてのプレイヤーの賞金を同額だけカットします。ゲームの上部には、1ラウンドでいくら稼ぐことができるかが表示されています。

また、「キャプテン」と呼ばれる、ラウンドが終了するまでに最も長くラウンドに留まった上位3名のプレイヤーは、ボーナスを得ることができます。このラウンドでは、1.1倍のベット額を安全にキャッシュアウトするか、それとも10万倍の倍率を狙うか?

安全性・公平性

Moon3Dでは、各ラウンドのクラッシュポイントは、シードがランダムに選択されたハッシュチェーンによってランダムに選ばれます。一度作られたハッシュチェーンやクラッシュポイントは、誰も変更することができません。ここに任意のゲームのハッシュを入れることで、それぞれのランダムなクラッシュポイントがMoon3Dのハッシュチェーンの一部であることを確認することができます。

セキュリティに関して、プレイヤーはMoon3Dのウェブサイトでバグを見つけたら、すぐにサイト管理者に連絡するように言われています。Moon3Dは、そのバグの悪質さに応じた対価をお渡しします。

エッジオブハウス

Moon3Dのハウスエッジは、ゲームの進め方によって、-3%から3%になります。しかし、ゲームをモデル化すると、平均的なハウスエッジは約1.5%になります。

のです。 サイトでは、紹介料やボーナスに多くのお金が使われているとも書かれています を利用することで、ハウスエッジを0%まで下げることができるプレーヤーもいます。

バンキング

Moon3Dでは、すべてのプレイヤーの残高はイーサリアムのETHまたはmETHで表示されます。ミリとマイクロはそれぞれ1000分の1、100万分の1を表します。1ETHは1,000ミリETHに相当し、mETHと表記されます。Moon3Dの最小ベット額は1mETHで、最大ベット額は3,000mETHです。

Moon3Dから、またはMoon3Dに送金する際、あなたは実在する自分名義のウォレットアドレスのみを使用することができます。そうでない場合、銀行取引が遅れたり、口座が閉鎖されたりする可能性があります。

また、自分のアカウントから他人のアカウントに送金することも、その逆もできません。ユーザーアカウントの売買や譲渡も禁止されており、関係するすべてのアカウントがキャンセルされる可能性があります。

預金残高

Moon3Dでは、Bitcoin、Ethereum、Litecoin、Ripple、Stellar、Dogecoin、Monero、Binance Coin、さらにstablecoinsなど、世界で最も人気のある100以上の暗号通貨で入金を行うことができます。入金ページでは、プレイする前にトークンを正しいウォレットに移動させる必要があります。

入金口座に正しいトークンを送信しているか、2度確認してください。イーサリアムの場合はイーサリアム、EOSの場合はEOSを入金先アドレスに送るなどしてください。間違ったトークンを間違った入金先に送ると、トークンを永久に失うことになり、Moon3Dはトークンを取り戻す手助けをすることができなくなる可能性があります。

ネットワークからの適切な数の確認の後、Moon3Dはすぐにアカウントに入金します。平均して、5分から10分ほど待つことになります。入金のためのアドレスは常に動作します。これらのアドレスに送信されたすべてのお金は、自動的にあなたのアカウントに追加されます。

通常1mETH以下の少額のデポジット料(「ガス」と呼ばれる)が発生します。このため、1,000ではなく999になることもあります。Moon3Dは、この手数料をいずれ支払う予定です。

https://moon3d.io